2019年8月14日水曜日

8月7日(水) ドッジボール交流会


横浜市放課後事業合同ドッジボール大会に向けて、夏休み中も日々練習を行っている子どもたちですが、今回は前回大会で保土ヶ谷区代表として出場した初音が丘小キッズクラブとの交流会を実施し、いつもと一味違った練習を行うことが出来ました。

練習していたフォーメーションが出来たね
初音が丘小学校に向かうため、30分間バスに乗っていましたが、道中静かに椅子に座って過ごし、乗降車もスムーズに行うことが出来ました。バスを降りてからも道に広がることもなく、高学年が指揮を執って列を作りながら進むことが出来たので、素晴らしかったと思います!
会場に着いてからは、すでに練習を行っていた初音が丘小キッズクラブのお友達の姿を見て、「投げているボール、速くない!?」「すごい…」と少しびっくりした様子でしたが、開会式ではお互いに今回の交流会についての意気込みを伝えて挨拶を交わし、緊張感をもって交流試合を開始しました。

ナイスパス!!
やはり相手はパス回しや投球スピードが段違いで、大きな掛け声や綺麗なフォーメーションに圧倒されてしまい、はじめの方の試合はうまく力を出し切ることが出来ませんでした。ですが、試合数を重ねていくにつれて、だんだんと自分たちが練習してきたことや気を付けていることなどを意識的に行動に表すことができ、内容の良い試合を行うことが出来るようになりました。
昼食時や試合の合間に東戸塚小キッズクラブと初音が丘小キッズクラブの子どもたちが歓談する様子も見られ、すっかり仲良くなることが出来ました。また、お菓子やかき氷など素敵なサプライズもあり、子どもたちは大喜びの様子でした。

かき氷、美味しかったね♪
初音が丘小キッズクラブの子どもたちからは、東戸塚小キッズクラブにはないものや学ぶべき点がたくさんあり、一つ一つの行動がとても勉強になり、大変有意義な交流会となりました。試合の様子を真剣に見ていた子どもたちも何か感じることがあったようで、帰路では「早く練習をしたいな」と興奮冷めやらぬ様子のお友達もいました。
今回、会場の準備や運営を行って頂いた初音が丘小キッズクラブのみなさんのおかげでとても良い交流会となりました。子どもたち、先生方、保護者の方々に心より感謝致します。今後も交流を続けて、お互いが切磋琢磨し合える関係になれたらと思います。次は各区の予選会を勝ち抜いて、決勝大会で再会したいですね!

今日は本当にありがとうございました!

東戸塚小キッズクラブ 藤村


8月6日(火) カロム大会


横浜YMCAアフタースクール事業部全体のイベントであるカロム大会が今年も舞岡地区センターで行われました。東戸塚小キッズクラブからは63チームのお友達が参加しました。当日使用した「みんなともだち」と書かれたカロム盤は福島県いわき市で作られたもので、東日本大震災からの復興を願って製作されました。他クラブのお友達と交流を深めながらカロムで遊ぶことによって、復興支援につながると考えています。

ゲーム開始前には握手を交わします

東戸塚小キッズクラブのお友達は、この日に向けて普段のカロムプログラムの時から一生懸命練習をして、今回の大会に臨みました。
はじめて他クラブのたくさんのお友達を見て、最初は緊張した様子でしたが、開会式ではしっかりとお話を聞くことができ、競技が始まると「絶対勝ちたい!」と意気込んでいる姿が見受けられました。
一打一打を丁寧に行い、チームで作戦を考えて「ここを狙って!」とアドバイスし合いながら、ゲームを進めることが出来ました。
しっかり狙いを定めて…
結果は、いつも練習している成果を出せたお友達もいましたし、残念ながら一度も勝てずに涙を流したお友達もいました。しかし、大会を目指して努力してきたことは素晴らしいことですし、交流を通して他クラブのお友達が出来たことにも意味があるのではないかと思いました。
最後に決勝戦を全クラブのお友達で観戦、応援しました。正確な打ち方やスピーディーさに圧倒され、子どもたちはゲームに釘付けでした。残念ながら東戸塚小キッズクラブのお友達は決勝トーナメントに進むことはできませんでしたが、予選を精一杯頑張り、20回チャレンジ(コマ12個を指ではじいてポケットに20回以内に落とすチャレンジプログラム)というゲームもパーフェクトを目指して挑戦し、結果、たくさんカロムに親しむことが出来ました。

今回の大会が子どもたちにとって素敵な思い出になり、仲良くなった他クラブのお友達とも今後も交流を続けていけたらと良いなと思います。また、カロムで遊ぶことにより、震災復興についても考える機会を持てたらと考えています。

みんな頑張ったね!

東戸塚小キッズクラブ 藤村

2019年7月29日月曜日

7月20日(土) 夏まつり


雨が多い日が続いていましたが、この日は何とかお天気は持ちました。夏まつりを楽しみにしていたお友達は、朝早くから受付場所に行列を作っていました。今回のお祭りは、ヨーヨー釣り、お菓子釣り、工作(うちわ作り)、くじ、射的の5つのコーナーがあり、それぞれ工夫を凝らしたものとなりました。
ヨーヨー釣りでは、小さな輪っかに器用に釣り針を通して釣り上げている様子が見られました。色とりどりのヨーヨーの中から自分の好きな色のヨーヨーを釣り上げようと子どもたちは奮闘していました。
ヨーヨー釣れたよ♪
お菓子釣りでは、お菓子についたクリップと釣り糸の先端の磁石をうまくくっつけさせてお菓子をゲットします。狙ったお菓子を手に入れようと、ゆらゆら揺れる釣り糸を垂らして頑張っていました。
あのお菓子を狙おうかな!
工作では、折り紙とアイスの棒を使ったうちわを作りました。簡単でおしゃれなうちわを作ることができた子どもたちは、暑い体育館の中をうちわで扇ぎながら涼し気に過ごしていました。材料はキッズクラブのおやつに出たアイスの棒を使い、電気を使わずにうちわを扇ぐことによって環境にやさしいエコな工作となりました。
可愛いうちわが出来ました♡
くじ引きコーナーに並んでいるお友達は、「何が当たるかな?」「あの大きいスーパーボールがいいな」とワクワクしながら順番待ちをしていました。当たった景品を大事そうに手に持って、お友達やおうちの人に見せている姿が多く見えました。
何が当たるかな!?
的を狙う姿がかっこいいね!


今回、初めてキッズクラブの夏まつりに登場した射的コーナーは大人気で、長い行列が出来ました。うまく的を狙えたお友達も、的から弾が外れてしまったお友達も景品のお菓子やシールを手に入れることが出来、満足そうな表情が伺えました。





今回お手伝いに来てくださった保護者の方々のお力もあり、スムーズに夏まつりを執り行うことが出来ました。感謝申し上げます。暑い中でも、体調を崩すお友達もなく、無事に楽しく夏まつりを実施できました。また、来年も楽しい夏まつりが出来ると良いですね!

東戸塚小キッズクラブ 藤村

2019年7月12日金曜日

夏休み・8月の予定表


7月】
20() 夏まつり()

22()27() 自由遊び

29() クッキング(カレーライス作り)()
30() クッキング(カレーライス作り)()
31()  クッキング(カレーライス作り)()

8月】
1() 水遊び
2() 映画を観に行こう()
3() 自由遊び

5() 自由遊び
6() カロム大会(☆・後日申込用紙配布予定)
7() ドッジボール交流会()
8() 自由遊び
9() 自由遊び
10() 自由遊び

13()17() 自由遊び

19() 自由遊び
20() 自由遊び
21() 自由遊び
22() クッキング(カレーライス作り)()
23() クッキング(カレーライス作り)()
24() 自由遊び

26() 自由遊び
27() カレンダー作り
28() ドッジボール
29() カレンダー作り
30() カレンダー作り
31() 自由遊び

詳細につきましてはキッズクラブにお問い合わせください。

2019年6月21日金曜日

6月19日(水) ドッジボール教室


今年も横浜市放課後事業合同ドッジボール大会出場に向けて、ドッジボールの練習を行っています。今回は特別プログラムの講師として、全国で活躍されている青山学院大学ドッジボールクラブのみなさんをお招きしました。普段のキッズクラブでは見られない大きなお兄さんたちに子どもたちは緊張気味の様子でしたが、キャッチボールなどを通して徐々に打ち解けていく様子が見られました。

丁寧な説明で分かりやすかったね

まずは、低学年・高学年に分かれてパス練習を行い、そこでボールを取る時・投げる時の姿勢を教わりました。最初は鋭い投球に対してキャッチミスが多かったのですが、教わった姿勢を意識するとボールを取りこぼすことがほとんどなくなり、早速上達が見られました。

ナイスキャッチ!

次に、試合時のフォーメーションの練習をしました。普段の練習では、フォーメーションを組んで試合をしていませんでしたが、講師の方々のアドバイスを受けて攻守ともに理に適ったフォーメーションを組むことができ、その中でアタックやキャッチの練習をすることが出来ました。

フォーメーションを崩さないように…!

最後に試合を行いましたが、今までボールを取りこぼすことが多かったお友達もしっかりキャッチしていたり、アタックやパスが適格に出来ていたりと練習の成果が見られ、子どもたち自身も「え!すごく上手になってる!」「あの子すごい!」と驚いた様子でした。また、自然と子どもたちからかけ声や声援があがり、大変良い雰囲気の中練習が出来ました。

子どもたちの構え方が見違えるようです

今回初めてドッジボールプログラムに参加するお友達も、毎年ドッジボール大会に出場しているお友達も「楽しかった!」「またやりたい!」という声が聞こえました。最後には、講師の方々と仲良くなり、子どもたちのたくさんの笑顔が見られました。今後もドッジボール教室の開催を予定しているので、それまでにしっかりと練習をして、講師の方々をあっと言わせることが出来るように、そして大会で力を出し切れるように頑張っていきましょう。

練習の成果を試合で出せるかな?

東戸塚小キッズクラブ 藤村

2019年6月20日木曜日

7月の予定表


☆印は申し込みが必要です。627()までにお申し込みください。

1() ドッジボール
2() おりがみ
3() 子ども科学教室()12年生ハンドベル()
4() カロム
5() ティーボール()
6() 自由遊び

8() 3年生以上ハンドベル()
9() カレンダー作り
10() 英語であそぼう()12年生ハンドベル()
11() カレンダー作り
12() カレンダー作り
13() 自由遊び

16() カロム
17() おりがみ
18() カロム
19() 自由遊び
20() 夏まつり(詳細は夏休み号でご案内致します)


★夏休み期間の活動については、後日ご案内致します。
詳細につきましてはキッズクラブにお問い合わせください。


6月 工作(ストロー竹とんぼ&ストローブレスレット)


今回の工作は、キッズクラブで余っていたストローを使って行いました。ストローと牛乳パックを作った竹とんぼ、もしくはストローを切ってビーズにして作るブレスレット、どちらかを選んで工作に取り組みました。
牛乳パックをハサミで切っています
ストロー竹とんぼの完成です!

 竹とんぼを作っていたお友達は、まずはハサミを使って牛乳パックで出来たプロペラ部分を作ります。プロペラを切り出したら好きな色に塗って、ストローとつなぎ合わせてあっという間に完成です。
きちんと飛ばせるか確認してみたところ、どのお友達の竹とんぼもふわっと高く飛び、子どもたちは大喜びでした。カラフルに塗ったプロペラは、回転したときにとても鮮やかで、お友達同士で竹とんぼが飛んでいる様子を見比べていました。



かっこいい!似合っているよ☆
ブレスレットは、いろんな種類のストローが1㎝程度のビーズ状に切られており、そこから自分の好きなビーズを組み合わせ、糸を通して編んでいきます。
誰でも簡単に作ることが出来るブレスレットは好評で、「お母さんにプレゼントするの!」というお友達もいました。作った後も腕にブレスレットをつけたまま遊んでいる様子があり、お気に入りのようでした。
とても素敵なブレスレットになりました♪

最近、プラスチックごみの廃棄により海洋汚染が進んでおり、飲食店ではプラスチックストローの提供を取りやめるという活動のニュースもありましたが、東戸塚小キッズクラブでは今回のようにできるだけゴミの出ない、工夫次第でいろいろな形で子どもたちに遊んでもらえるような工作プログラムを実施していきたいと考えています。また、子どもたちと一緒に、貴重な資源を大切に活用していけるように考えていけたらいいなと思います。

 











東戸塚小キッズクラブ 藤村